新刊【イラストエッセイのはじめかた】はこちらから

A+の解像度が低い?と思ったら

推奨?の解像度だと荒い…

目次

A+ (エープラス)とは商品詳細ページのこと

A+とはアマゾンの商品詳細ページに記載されている商品に関するコンテンツのことです。画像や比較表など、さまざまなフォーマットが選べます。

3つの画像のテンプレートだとこんな感じに表示されるよ

3つ並ぶの良いじゃん!と思って採用したらスマホでは1個ずつ縦に並びました
必ずA+の設定画面でPCとスマホ両方を確認しましょう…こあらみたいに勘違いしちゃうよ!

公式の動画もあるよ

アマゾンのマケプレ(マーケットプレイス)のセラー(アマゾン以外が販売する形態)向けの公式動画にも、A+の作成方法が取り上げられています。初めてA+を使う人にはピッタリの動画です。
前半部分はKindleには関係ないブランド登録の話なので、2分くらいから見るのが良いですね。

物販のブランド登録の話が前半部分を占めるので後半から観よう

推奨の解像度の2倍で準備しよう

テンプレを選ぶと画像の推奨サイズが表示されます。
これ、完全に見落としていたんですが、最後に[300px x 300px min]と記載されています。
つまり最小サイズであって、推奨サイズではないんです!

公式のKDPヘルプページ(リンク)には、推奨サイズは縦横2倍の解像度としています。

アスペクト比を保って解像度は余裕を持って投稿しよう

特に1枚絵のA+は様々な媒体で使える汎用性の高いポスターのようなものです。
こういったものはアスペクト比(最小は970×600)を保って大きなサイズで用意しておくと良いですね。

渾身のA+、見ていってね!

著:ドクターこあら
¥250 (2024/03/03 23:32時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次